チャンネル・グー(大橋未歩さん応援ブログ) 甲斐バンド シングルズ








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

甲斐バンド シングルズ

シングルズ
B00005GMMQ
甲斐バンド 甲斐よしひろ 青木望 今井裕

東芝EMI 2000-06-07
売り上げランキング : 2,467

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シングルズII この夜にさよなら 100万$ナイト 誘惑 英雄と悪漢


ディスク: 2
1.HERO ヒーローになる時,それは今
2.からくり
3.感触(タッチ)
4.汽笛の響き
5.安奈
6.翼あるもの
7.ビューティフル・エネルギー
8.荒馬
9.漂泊者(アウトロー)
10.異邦人の夜(シスコ・ナイト)
11.天使(エンジェル)
12.一世紀前のセックスシンボル
13.地下室のメロディー
14.離鐘(ドラ)の音
15.暁の終列車
16.フィンガー
17.破れたハートを売り物に
18.陽の訪れのように

YMOとかなんだかんだ言ってもはじめはこれだったんですよね。
ゴダイゴ、ツイスト、サザンなどいっぱいバンドはいたけど、
その中ではこの甲斐バンドが一番好きだった。
何か不良の香りがしたんですよね。あと無口な感じが。
それがあんなに毒舌な人だとは・・・そのギャップが面白かったのかも。
「ザ・ベストテン」のヒーローを歌ったあのシーンは今でも覚えている。
「甲斐さんってこんなに小柄の人なんだ?」とか(笑)

オススメ
(1)SEIKOの時計のCMに出てきた時はびびったね。文句なしに格好良かった。
今聞くと歌詞がちょっと臭いけどジェームス・ディーンもいいんじゃない(笑)
(3)ヒーローの後に発売されたんだけどこっちの方が好きだったりする。
この歌を聴きながら大人の女を分かったつもりだった(苦笑)
(7)実はこの曲が甲斐バンドで一番好きなのかも。
カネボウ化粧品の夏のキャンペーンソングだった。
作曲・歌は松藤英男さんって言うのが泣かせる。好きだったんだよな。
僕の中では松藤さんって甲斐バンドの中でも重要。
その後甲斐さんはソロやバンドを組んでも
以前のようになれなかったのは実はパートナーがいなかったから。
レノン、マッカートニーのように。
(9)フジテレビでやっていたドラマ「学園危機一髪」
のテーマ曲だった。ドラマもカッコよかったなー。
またスカパーとかで再放送やってくれると嬉しいな。

僕が当時聴いていたのは「甲斐バンドストーリー」だったけど、
今だったらこれがマストだと思います。
何と言ってもシングルがリリース通りに選曲されているし、
B面ももれなく入っているのがこのベスト盤のにくいところ。

最後に。
オリジナルメンバーのギタリスト大森信和氏の昨年の訃報。
もうオリジナルメンバーでの復活は出来なくなってしまった。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/05/11 20:00 ] 喫茶マスター音楽室 | TB(0) | CM(2)

Cherishさん、こちらにもお邪魔します。

大森さんが耳を悪くされたのが甲斐バンドの解散理由でしたよね。
実は、甲斐バンドの解散コンサート、3日目だったかな?、武道館に見に行きました。
田中一郎さんが、大森さんを立てられて、あまり目立たずにギターを弾いていたのが印象に残っています。

亡くなられたんですか。全然知りませんでした。どうも、アンテナが錆びているようです。

今さらですが、ご冥福をお祈り申し上げます。
[ 2005/05/12 00:09 ] [ 編集 ]

>大森さんが耳を悪くされたのが甲斐バンドの解散理由でしたよね。

その通りです。このバンドって結構ドラマがあるバンドだったんですよね。

田中一郎さんはシャープでソリッドな感じの
ギターワークが得意な人なんですけどそんな感じで弾かれていたのですね。
ちょっと話しがそれますが彼がARBを脱退して甲斐バンドに加入した時は
凄いブーイングだったって筋金入りのARBのロックおじさんによく聞かされたものです(苦笑)


名ギタリスト大村憲司さんも亡くなってしまっているんですよね。
日本のギタリストではもっとも好きな人だったので今でも残念でしかたがないです。
[ 2005/05/12 03:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cherish.blog4.fc2.com/tb.php/173-b1a36ab9





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。