チャンネル・グー(大橋未歩さん応援ブログ) 松丸友紀さん 一番重要なのはマツーの素敵な内面を見出してあげること☆








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松丸友紀さん 一番重要なのはマツーの素敵な内面を見出してあげること☆

ぐるはぴっ! 2007年8月25日(土)

松丸友紀

今年もグルメではっぴー!な情報をいっぱい紹介してくれた
月に一度のお楽しみな情報番組「ぐるはぴっ!」☆”
もちろん、松丸友紀さんはこの番組でも大活躍だった。

ますます大好評なナレーションにも磨きがかかり、
グルメ番組としても輝きが増していったよね(^^)

なのにマツーの姿は無かった(T-T)

先週のマツーの居ない「ぐるはぴっ!」を見ていた僕は
色んなことが見えてきた。

うん。本当に色んなことがね。。。

マツーが居ないからこそ見えてくることもあるんだね(笑)
でも、それについては書かないことにする。
だって、皆さんも感じていたことだと思うもの(^^)

そんないつも僕をワクワクさせてくれたこの番組で、
特に印象的だったのが8月の放送だった。

今、改めて見てみると、
構成にちょっと難があったかな… なんて。



彼が言っていたのはもちろん冗談だと思う。
ただ、ちょっと余裕が無かったと言うか。
上演が迫っていた最終段階のリハ(リハーサル)という、
緊張感がある中ではちょっとマズかったかな。

タイミングが悪かった…

僕は松丸友紀さんの表情を見ていて、
息が苦しくなりそうになってしまったよ…。

もちろん、あれは番組の構成による演出であって、
本当にそんなことをする人だななんて思っている人は
まさか、ここには居ないよね(笑)

でもね・・・

松丸友紀

こんな時でも、マツーの表情はとっても光っていたよ☆”

真剣に練習している中で、テンションが低くなることをされ、
それまではマジでムカついていたかも知れなかったけど、
僕だったら許すよ。うん。絶対に許す(^^)

どちらも真剣に仕事をしていた。
どちらも、その直向きな情熱はまったく同じだったもの(笑)

この一年間ずっと松丸友紀さんを見つめていて感じた事。
それは本当にいいムードメーカーになってくれていたという事

実はね、僕も少しだけムードメーカーになっていたんだよ。


Sly & The Family Stone - Dance To The Music (1968)


今月、僕は友達の居るバンドで、
何度もそんな緊張感を感じる場面を見てきた。
色んなメディアのインタビュー、プレス、トークショーなど。

ライブ直前に、インタビューに答えていた時の
メンバーたちのあの時の表情と、
マツーのこの表情は凄いシンクロしてくるんです♪


どちらも、プロフェッショナルな
『プロの仕事』だったということです☆”


本当にどちらも、いい表情をしていた。

素晴らしいことだよね!!松丸友紀さん(^^)
来年もこの調子で僕をキュンキュンさせちゃってね☆

そしてもうひとつ!!

実はこの8月はもうひとつ素敵なことをしてくれたんです。
今度は映画を紹介するナレーションでね(^^)

この映画を観た人だったら、絶対に共感してもらえると思うけれど、
この場面って素晴らしい名シーンだったよね☆

松丸友紀

その映画とは『エディット・ピアフ

僕が今年観た映画の中ではこれナンバーワンだった。
本当に素晴らしい作品だった。

でも、僕はマツーのナレーションを聞いてなかったら、
多分、いや、絶対に観ていなかったんだろうな。

そんなことを今、考えていたら、またグッときちゃった。。。

それぐらいに、僕の心の中に届いてくるものが、
マツマルオリジナルの熱いナレーションにはあったのです☆

でも、まだこの話しは続く。

その後、マツーはブログでも素晴らしい仕事をしてくれたんです。
それはそれは胸が熱くなる素敵な記事だったよね☆

涙が止まりませんでした (←クリック☆)

この記事を観て、僕は胸が熱くなってしまった。
また観た時の感動が甦ってきた。

『一粒で二度おいしい』

まさにこれだよね(笑)

こんな風に、マツーは今年も数え切れないほどに、
僕を喜ばせ、また感動させてくれたんだ。

だけど、それは僕だけじゃないよね?(笑)

きっとマツーの優しい気持ちになれる記事を見て、
映画を観に行ってくれて人も多かったはずさ☆

うん!絶対にそうだよ(^O^)

やったね!!松丸友紀さん☆”

松丸友紀


松丸友紀

エディット・ピアフを演じる事で一番重要だった事は
彼女の内面を見出すことでした。と主演の彼女は答えていたけれど、
それは僕が書いているマツーの記事への気持ちとも全く同じなんです


松丸友紀さんの素敵な内面を見出すこと☆

果たして、今年のオレはそれができただろうか?


Festival in Autumn

左の青がボク。なんだよっ!隣ではキスをしているよ~(笑)


どうかな?マツー(^^)


もし、オレの気持ちが例えほんの少しでも伝わってもらえたのなら、
それだけでも、スゲー、シアワセな年だったと言えるよ(^O^)

それにしても、彼女はいい事を言うね~☆

松丸友紀

情熱と感動かー(笑)

でも、これは松丸友紀さんにとって、
そして僕にとってのテーマだとも思うな(^^)


夢を追いかけている限り、情熱が覚めることはない。
何故なら、情熱とは永遠に続く旅みたいなものだから☆


オレもマツーに負けないようにがんばろうっと!!
そうそう!まだ僕には今年中に
絶対にやらなくちゃいけないことがあるんだよ。

もちろん、マツーのことでだよ!!(笑)

今日も素敵な夢が見られそうです☆”
どうか、松丸友紀さんも素敵な夢が見られますように!!

ではお休みなさい(^^)

人生とはダンスだ!!

スライ&ザ・ファミリー・ストーン - ダンス・トゥ・ザ・ミュージック
Sly & The Family Stone - Dance to the Music





人生とはダンスなんだという

大切なことをボクに教えくれた

キュートなバンド☆


ダンス・トゥ・ザ・ミュージック(紙ジャケット仕様)ダンス・トゥ・ザ・ミュージック(紙ジャケット仕様)
スライ&ザ・ファミリー・ストーン

Sony Music Direct 2007-05-02
売り上げランキング : 57204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀

松丸友紀


ぐるはぴっ!

松丸友紀アナウンサーブログ
松丸友紀 アナウンサープロフィール
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/12/29 01:40 ] 松丸友紀 ぐるはぴっ! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cherish.blog4.fc2.com/tb.php/1712-767d76e9





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。