チャンネル・グー(大橋未歩さん応援ブログ) 制作特番








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大橋未歩さん 川嶋選手、そして、大橋リポーターの執念。

park

成人式の今日、
昼間から僕は素敵なこの人達のお蔭で、
熱い気持ちにさせてもらったよ☆

「スリラーin横濱」WBA世界Sフライ級タイトルマッチ 番宣
2008年1月14日(月・祝)放送

ボクシング

その人の名は大橋ボクシングジムの大橋秀行会長!!

ボクシング

大橋会長の話しは熱かった。

そして・・・

ボクシング

ボクシング

ボクシング

二人のトークも本当に楽しかったな☆

そうそう、楽しかったと言えば

ボクシング

ボクシング

最高だったね。スリラーin 横濱
横浜では無くて、横濱なのが何ともおしゃれだよね☆

ボクシング

絶対勝てる?

絶対に勝てます!!

絶対に勝たせよう!!

絶対に勝ちましょう!!

8時54分、是非、ご覧下さい!!


熱い男の会話はオレの心も熱くさせた☆

しかし、僕を一番熱てくれるのはやっぱしこの人しかいない!!
夕方熱く伝えていたこの人だった☆

速ホゥ! 2008年1月14日 放送

大橋未歩

そうだよ!大橋未歩さんに決まっているじゃないか(^^)

命を賭ける覚悟で世界に挑んでいた川嶋選手。
その川嶋選手の熱い気持ちを
誰よりも熱く代弁してくれていたのは
実は大橋未歩さんなのだと言う事に僕は気付いたんだ。

川嶋選手の執念。
そして、大橋リポーターの執念。

本気で戦っていたということでは、
どちらも全く同じだったよ。

川嶋勝重選手、
そして大橋未歩さん、
どちらも本当に素晴らしかったよ!!

ちょうど今、メガスポ!を見ていたけれど、
僕は何となく、そんな予感はしていたんだ。

本当に悲しいけれど、
命を賭ける覚悟で戦ってくれたんだもの。
そういうものなんだろう。

ただ、僕はもう少し今日の試合について考えていたいんだ。
川嶋選手が素晴らしい試合をしてくれたからこそ、
今夜はジックリと考えてみたいと思っています☆


QP


大橋未歩さん!!本当にお疲れ様でした。
まだ興奮状態で、今夜は眠れないかも知れないけれど、
それでも、どうかゆっくりと休んでね☆

素敵なリポートをどうもありがとう(^^)


スポンサーサイト

大橋未歩さん 人を引き立たせていたその姿に僕はプロ根性を

優勝特番 2007年10月2日(火)

大橋未歩



10月2日。

この日の夜僕はレコーディングでスタジオ入りしていたので、
(そんな大それたものじゃないよ)
あまり世間の空気が読めていなかった。

そして次の日。

しかし、会社でもその話題をしているのは誰一人と居なかった。
うちの会社だけが、たまたまそうだったのかな?

何でも本家のテレビ局でも中継されていなかったようだね、
有料チャンネル(スカパー)などで見ろっ!て事なのかな?

その点、テレビ東京はスゲー気合が入っていたよな。
だって約40分にも渡り、恒例な特番をやってしまうんだもの。
本家の胴上げの中継時間より長いじゃん(苦笑)

僕さ本当はその時間それどころじゃ無かったんだよね。
それでも大橋未歩さんが見たかったので優勝特番を見たよ。

人ぞれぞれ思う事はあるよね。

もちろん、僕だってそうさ。
シンジラレナ~イ!なんてどこかの監督が昨年言っていたけどさ、
それは僕たちこそが言いたかったセリフさ。

・・・

そうだよね、ふりにげコージーさん(涙)

ミホやんもきっと想う事は沢山あったはずさ。

できたら…。

て、言うか絶対にそうじゃなくっちゃおかしいだろ?

だってさ…。

今回の優勝特番中、僕はある事ばかりを考えていた。
でも、それは僕の勝手な想像なので書かないけどね。

大橋未歩さんは笑顔で盛り上げてくれていたしさ、
本当に仕事をがんばってくれたよね(^^)

大げさだと思われるかも知れないけど、
僕はスゲーミホやんのプロ根性を感じたよ☆

来年こそは、ミホやんの想い通りになればいいね(笑)

そうそう、最後にこれだけ書かせてもらおうかな?

出来るものならば、
真ん中に大橋未歩さんを座らせたかった…。

なんて、もちろんそういうものなのは僕もよ~く分かっているさ。

だけどね…。

人を引き立てるのがアナウンサーという職業なんだと言う事に、
改めて気付かせてくれた特番なのでした☆

ところで、クライマックスシリーズの優勝の時も、
テレビ東京優勝特番をやるのだろうか?

だったらいいな。

「一粒で二度おいしい。」

なんてね(笑)

その時こそは、僕も Hey Hey Hey ♪


大橋未歩さん サヨナラそしてコンニチワ☆

世界で密かにメジャー級!SUGOI☆日本人 2007年8月28日(火)

大橋未歩

三宅裕司さんのこのポーズって、
なんかの番組で見たような?見なかったような?(笑)



読売新聞・朝刊(2007年8月27日)の試写室でも取り上げられていたこの番組☆

世界で認められる日本人は、
野球の松井やイチロー選手ばかりではないことが、
説得力をもって伝わってきた。
司会やゲストのトークも楽しく企画センスのよさが感じられた。

だそうです(笑)

大橋未歩

でも僕は司会のトークに笑えないトコロもあったんですけどね…。
だけど三宅さんはあのチームの大ファンだから
愛のあるメッセージということにしておくよ(笑)

それにしてもこの番組のでのミホやんの司会ぶりは
渋くて光る、光プレー、いや、セクシー・プレー(笑)
そんな感じで良かったよ。ミホやんの大人な魅力を再発見って感じ(^^)

確かに企画センスが素晴らしいと思ったな☆
今までありそうで無かったナイスな企画だと思いましたYO♪

でもね、できたらこの人も取り上げてもらいたかったな。

その人とは「ナンシー梅木さん」
昨日僕はニュースで彼女がお亡くなりなっていたことを知った。

サヨナラ
今からちょうど50年前になる名作映画『サヨナラ
主役は名優マーロン・ブランドでした☆

日本人で初めてアカデミー賞の演技部門で受賞した唯一のお方。
もしかしたらこれからもそんなに凄い人は出てこないのかも知れない…。
ナンシー梅木さんは松井やイチロー以上に有名な方だったと僕はそう思っている。
ちなみに彼女はジャズシンガーとしても知られています。

この間『バベル』でアカデミー助演女優にノミネートされ
一躍時の人になった菊地凛子さんだったけれど、
それを伝えている時に何度もナンシー梅木というワードが出てきたことの方が、
僕には重要に思えたし、また嬉しかった出来事だったのです(笑)

映画『サヨナラ』は素晴らしい作品なので機会があったら観てみてね。

そういえばこの話しをした時にナンシー関さんって言ってくれた女の子。
なんだかそのボケ(?)が僕は凄く嬉しかったんだよ。

どうもありがとう(^^)


さよならナンシー梅木さん、そして、ナンシー関さん。


皆さんそれぞれにも、SUGOI☆日本人だと
思える人が結構居たんんじゃないですか?
映画とか、アニメとか、音楽とか自分にとって重要だと思える人が。

ニルヴァーナの故・カート・コベインが、
大ファンだった大阪在住の女性バンド「少年ナイフ」は
あまり日本ではメディアに取り上げられなかったけど有名でした。

そして、これから絶対にそういう存在になってもらいたいのはゴー!チーム♪
実はこのイギリスのバンドには日本人女性が二人も居るんです☆

(^^)

いよいよ発売される全世界待望のニューアルバムは
全世界の音楽ファンにとってはイチロー選手より有名(?)な
ニルヴァーナも出身で、所属していた事もあった、
シアトルのインディー・レーベルの良心 SUB POP からリリース☆
そして、日本では何とエイベックスを通じてリリースされました♪
しかも日本先行発売という気合の入れようですよ(^^)

外資系CDショップでも相当気合が入っていますので、
もし試聴機でこのジャケットを見かけたら聴いてみて下さい♪
もちろん、板尾創路さんみたいに
試聴機のパネルにタッチするボケも有りですよぉ~(笑)

いいねー、ワクワクしてくるな~☆”

というわけで、SUGOI☆日本人&大橋未歩さん☆
そしてゴー!チームにこれからもご期待下さい!!!!!

三宅さんも第二弾はもっとオチを面白くしてね(笑)
ちょっと寒かったから(笑)
まぁ、クーラー要らずで、地球にはやさしかったんでいいんですけどね(^^)

ちなみに今、グーグルで、Doing It Rightと検索すると、
何と、約 1,190,000 件中 TOPにこのブログが来ますYO♪
(2007年9月7日現在)

なんだかこれも自分にとってはスゲーと思えました☆

The Go! Team - Doing It Right




The Go! Team - Proof Of Youth


プルーフ・オブ・ユースプルーフ・オブ・ユース
ゴー!チーム

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2007-09-05
売り上げランキング : 933

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大橋未歩さん テレビ東京で幸せ。そして来年の今頃は北京オリンピックさ♪

ラポールの旅 2006年12月29日(金)

大橋未歩

でもストレスを感じる仕事って素敵でもあるんだよね(^^)



平和について考える終戦記念日の今日。
大橋未歩さんが誕生日を迎えました。

おめでとうございます!ミホやん(^^)

この一年、大橋未歩さんには本当に色んな事があったよね。
しかもその切掛けが、昨年の今日の出来事だったんだから(笑)
なんて、それについては僕は語らないよ(^^)

僕が語るのは、テレビ東京が本当に大好きな、
大橋未歩さんの魅力についてだけさ!!

昨年の年末に「ラポールの旅」という、
心理バラエティという未知のジャンルへ挑戦する非常にパンクな特番があった。
何とその中で、ひとりのアナウンサーとして、ミホやんも出演したんだよ。

それは僕にとっては余りにも衝撃的だったんだ。
その後、記事にするといいながらそのまま放置してしまった番組(T-T)

でも、本当は誕生日に書くって決めていたんだ。
ここ数日、色んなことを考えた。
だからミホやんの記事が全然書けなかったんだよ。

ということで「ラポールの旅」のワードを元に、
これから書かせてもらいたいたいと思います。
ちなみに番組の内容についてはミホやん本人によるこの記事をどうぞ!!


●大橋さんのような気質の人はメジャーよりはマイナー
あるいは、陽が当たっている人よりは日陰の人に対して、
自然に共感していく人が多いんですよ。


大橋未歩

もの凄いそうだと思います。
あたし、テレビ東京で幸せなんですよ。凄く。
で、テレビ東京って、マスかマイナーかって言ったら、
キー局ではマイナーじゃないですか。
なので上に、こう目指すべき、フジとか日テレとか、
こうあるのが楽しんですよ。やりがいがあるから。


やりがいか!素晴らしいよね(^^)
でもさ、入社した当初からそうだったって訳じゃなかったよね?ミホやん
誰でも、初めはメジャー志向だと思うんだ。
もちろん、それはミホやんだけじゃ無くって、
他のテレビ東京アナウンサーズの皆さんもそうだったはず。
だから、ミホやんも新人アナの頃は色々と格闘していたと思うんだ。
多分それは、他局の新人アナとはまた違うものがあったんじゃないかって…。
そんな中から、反骨精神を学んでいったんじゃないのかな。
そして、いつしかその想いが、「テレビ東京LOVE」に変わってゆく。
それがあったからこそ少数精鋭なテレビ東京魂な
僕の大好きなミホやんが今いるんじゃないかって思うんだ。

こういう書き方って誤解を生むかも知れないけど、
テレビ東京ってインディーズなんだと思うな。
決して、マイナー志向だとかそういうことではなくて
本当に好きな音楽だけをピュアに発表していく。
各国によってディストリビューションを変えていったり、
メジャーな会社を通じて発売されるそんな自由な感じ。

今、海外で大活躍している友達のバンドなんてまさにこれなんだ。
インディーズなんだけど、メジャーを通じて全世界でも発売されている。
で、僕が凄いなとー思うのは、世界各国のCMで、
そのバンドの音楽が流れていることなんです。
しかも超メジャーな誰でも知っているコーポレーションばかり。
商品名は挙げないけど、日本でも7月から大量オンエアーされています♪(笑)
もちろん、テレビ東京でも流れていますよ。
この間は「メデューサの瞳」の合間にもそのCMが流れていました♪
これはエンターテイメントとして両立している証拠なんですよね。
独自のユニークなサウンドなんですが、
非常にキャッチーで、誰の耳にもすーっと入ってくる人懐こい音楽なんです。
これって、テレビ東京そのものだと思うんですよね。
アナウンサーの皆さんも本当に人懐こい、いい人ばかりでしょう(^^)
実はミホやんが出演していた特番でも
このグループの音楽が使われていたんです。あれは嬉しかったなー(笑)

テレビ東京って、バランス感覚が非常に優れていると思うんだ。
やりすぎ、やりすぎって言われる「やりすぎコージー」だって、
意外とバランス感覚はあるんだよね。
ただその手法が独自なだけなんだ。
なんてテレ東でも最初の頃は浮きまくっていたっけ(汗)
やっと時代が追いついてきたんだねぇ(涙)

『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説108連発』
この企画がゴールデンアワーに進出できたのは、
そんなバランス感覚があったからこそなんじゃないのかな。
奇抜なだけだったら、この快挙はあり得なかっただろうね。

またミホやんの硬派なコメントが泣かせるんだよな(T-T)
ここで引用させてもらうので、皆さんも熱くなって下さいね。


大橋アナ:「やりすぎコージー」は弊社の看板番組だと思っておりますので、
今回満を持してゴールデンに進出して、すごく嬉しく思っております。
みなさま忘れていらっしゃるかと思いますが、
巷で話題の「都市伝説」は「やりすぎコージー」が発端だということですよね。


オレさ、久しぶりにミホやんのパンク魂を感じたよ☆
何かに怒りにも似た感情を感じたんだよね。
今や堂々とパクッているこの「都市伝説」ネタをやっている他局、
やりすぎコージー」をバカにしていた連中に、

「ざま~みろっ!!」

なーんて、そんな気持ちも少しぐらいはあったのかも?なんて(^^)
業界視聴率って言うけどさ、
それってネタにもされやすいってことでもあるんでしょう?
放送業界は分からないけど、音楽業界はそういうことが多いよね。


テレビ東京って本当に色々と人生を教えてくれるよね。
こんなにドラマティックなテレビ局はないよ。
大橋未歩さんも、いつも大切な何かを僕に教えてくれる☆


ちなみに「ラポールの旅」では最後にこう締められていた。

彼女(大橋未歩)のようなタイプは
責任感が強すぎるあまり、
頑張りすぎてしまう傾向にあります。
少し肩の力を抜いてみては?



学級委員長でもあったミホやん。
頑張りすぎてしまうところまでも、全く僕の妹と同じ。
だから何となくだけど分かるんだよ。

今は大丈夫かな?(笑)

さて、今日はミホやんの誕生日でもあり、
一生忘れられない記念日をどのように過ごすんだろう?

素敵な一日になればいいね☆

もちろん僕はこれからもそんなテレビ東京のためにも頑張っている、
大橋未歩さんを熱く応援していくよ♪

今夜の「メデューサの瞳
そして金曜の「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説108連発」
あと、「メデューサの瞳」も月末にSPがあるんだよ♪

それについてはまた!!

改めて、ミホやん、お誕生日おめでとうございます!!
これからの一年も素晴らしいものになりますように☆

そして、来年の誕生日は「北京オリンピック」で決まりだぜぇ!!

これからの一年も熱いものになりそうだね。
ねぇ!大橋未歩さん♪ノンストップで頑張ってね!!

大橋未歩さん 胸が痛む昨夜、僕はミホやんの事を思い出してみた ~想い出がいっぱい

プロテク 2007年3月24日(土)

大橋未歩

僕さ「女子アナ」っていう呼び方が好きじゃないんだよ。
何となく、呼び捨てしているような気がしてしまうんだ…。



昨日の深夜、あるバラエティ番組の予告を見ていたら、
急に胃が痛くなってきちゃった…。
もちろん大橋未歩さんは関係ないよ。

ホント思うようにはいかないよね。
それが分かるからこそ、僕は胸が痛む。

本当は昨日の深夜に書こうかなって思っていたんだけど、
そんなわけで今書いています。ゴメンね。


そういえば、この放送って3月24日だったんですね。
世界卓球の前にこのツートップで仕事していたんだ(笑)

DVDを整理している時にこれ見ていたら
なんだか急に懐かしくなってしまって。

大橋未歩

これが失礼キャラですね(笑)

大橋未歩

ケンコバのリアクションも最高(笑)

でもね、僕は初めの頃このミホやんの失礼キャラが、
どうしても馴染めなかったんだ。

だって、ミホやんってそんな人じゃ無いから。
やさしくて思いやりがあって、
そしてなんと言っても、美しい心を持っている人だからね(笑)

大橋未歩

うん、だからこそ、こんな「ほされる」とかいう汚い言葉は、
出来ればミホやんには使ってもらいたくないと思っていた時期があったんだ。

でもさ、結局、良くも悪くも、作り物のバラエティ番組って、
結局はその場の空気やノリなんだよね。
きっとそういうことなんだと思う…

だから時には「自分を殺す」って事も、
どうしようもないことなんだなって事が分かったんだ。

胸が痛くなってしまった事は数え切れないほどいっぱいあった。

でもさ、僕はミホやんをずーっと見つめてきたからこそ、
アナウンサーの素晴らしさをより分かるようになったんだ。

しかし、それと同時に、ストレスも凄く溜まる仕事なんだなって事も分かった。
笑っている姿を見ていると、時々、切なくなってしまう。

うん、確かに分かっているはずなんだけど…

tsuginohi kerori

なのに、今日も胸が痛いのは何故だろう?

そんなわけで、今日僕はミホやんともに歩んできた
美しき日々を振りかえっていた。

過去を振り返るは大っ嫌いな僕だけど、
復習してみるのも、偶にはいいかななんて。

そうすれば、絶対に何かが見えてくるはずだよね。

BARBAPAPA

ねぇ、ミホやん(^^)

それにしても、ミホやんも本当にがんばっているよね。
先週の所さんとかさ。ねぇ、ホント(笑)

オレも、もっと成長していきたいよ。
そのためにもミホやんからこれからも色んな事を学習して、
僕はこの応援ブログの記事で、大橋未歩さんや、
テレビ東京アナウンサーズの皆さんにお返ししたいと思っている。

僕だったら、絶対にできるはずだ!
そう、昔から誰よりも負けず嫌いな僕だったら。

大橋未歩

ふーっ、今日はミホやんの笑顔がやけに眩しく見えてくるぜ(笑)

なんだか、この記事書いて少し気が楽になってきたかも。

どうもありがとう!大橋未歩さん!!(^^)


♪大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ

しあわせは誰かがきっと 運んでくれると信じてるね

少女だったといつの日か 想う時がくるのさ

少女だったとなつかしく 振り向く日があるのさ


Blue Sky

想い出がいっぱい / H2O


なんだか急にこの歌のことを思い出したんだ。

素敵な詞だよね。

なんて、僕も大人の階段を昇っていかなくっちゃね(笑)


うん、元気が出てきたぞ!!
では、もうひと仕事がんばろうっと(^^)

サンキュー!ミホやん☆”


EMOTION
キティMME





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。